東京で有名な夏祭り2018(前編)|6月7月8月のおすすめは?

代表的な夏の風物詩と言えば、お祭りや縁日ですよね。毎年楽しみにしている人も多いのでは? ここでは2018年の夏季に東京都内で開催されるメジャーな夏祭りをピックアップ。6月、7月、8月とマンスリー別にご紹介します。東京都内のメジャーな夏祭りは愛宕神社の「千日詣り・ほおずき縁日」からスタート!



東京で有名な夏祭りを厳選|6月編

千日詣り・ほおずき縁日|愛宕神社(東京都港区)

開催日 毎年6月23日、24日

ほおずき市と言えば浅草の浅草寺が有名ですが、もともとは愛宕神社から始まりました。明治初期にほおずきを奉納して願いが叶えられたことから現在に至ります。社殿前に作られた茅の輪をくぐって参拝すると千日分の後利益があると信仰されています。ちなみに、正月に楽しむ羽子板もここが発祥です。

  • 最寄り駅 東京メトロ日比谷線「神谷町」から徒歩5分
  • 愛宕神社の公式サイト

お富士さんの植木市|浅間神社(東京都台東区)

開催日 6月23、24日(毎年5、6月の最終土曜、日曜 ※5月は26日、27日)

毎年5月と6月の最終土曜、日曜に開催される植木市。浅草寺から浅間神社(浅草4、5丁目一帯)にかけて約60軒の植木商が並びます。近年のガーデニングブームも相まって、4日間の来場者数は延べ30万人を超える盛況ぶり。ちなみに、「お富士さん」は浅間神社の愛称です。

  • 最寄り駅 東京メトロ銀座線「浅草」から徒歩10分

富士神社山開き|駒込富士神社(東京都文京区)

開催日 6月30日~7月2日

江戸時代から続く伝統のあるお祭りで、富士山の山開きに合わせて開催されます。「富士山に参拝できない人にもご利益を」という目的で造られ、境内にある富士塚の標高は6メートル。「一富士、二鷹、三茄子」という有名な川柳は、この駒込富士神社で詠まれたという説が有力です。

  • 最寄り駅 JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」から徒歩10分

東京で有名な夏祭りを厳選|7月編

下町七夕まつり|かっぱ橋本通り(東京都台東区)

開催日 7月3日~8日 ※予定。例年、7月初旬の七夕を挟んだ数日間

道具街で有名な合羽橋を中心に開催される七夕のお祭り。浅草寺から上野の森にかけて大規模に行われ、街が七夕一色に彩られます。地元商店街による出店や、音楽や踊り等のイベントも盛況。特に期間中の土日は、大規模なパレードも行われるので、東京でも屈指の七夕祭りです。

  • 最寄り駅 東京メトロ銀座線「田原町」から徒歩5分
  • 下町七夕まつりの公式サイト

入谷朝顔市|入谷鬼子母神周辺(東京都台東区)

開催日 7月6日~8日

2018年で69年目を迎える伝統のお祭り。入谷鬼子母神付近の言問通りに各60軒超の朝顔店と出店が並び、毎年40万人の来場者で賑わいます。朝顔の料金は統一されていて小さいもので800円程度。会場には宅配業者がスタンバイしているので購入即発送が可能です。

  • 最寄り駅 JR山手線「鶯谷」から徒歩5分
  • 入谷朝顔市の公式サイト

四万六千日・ほおずき市|浅草寺(東京都台東区)

開催日 7月9日、10日

江戸時代から続くお祭りで、この日に参拝すると「4万6千日分のご利益が得られる」と言われています。150店を超えるほおずき屋が軒を連ね、露店も境内を埋め尽くします。ガラス細工の風鈴がそこかしこで音色を奏でます。しっとりと落ち着いた夏の風情を感じたい人にはおすすめです。

  • 最寄り駅 東京メトロ銀座線「浅草」から徒歩5分
  • 浅草寺の公式サイト





みたままつり|靖国神社(東京都千代田区)

開催日 7月13日~15日

日本古来の盆行事にちなんで昭和22年にスタート。2018年で72回目を迎えます。大小3万を超える提灯が並んだ境内は壮観。毎年30万人の参拝客で賑わいます。ちなみに、2015年から出店が無くなり、酒宴も禁止になりました。とはいえ、英霊を慰める祭儀や各種芸能等の行事は今年も盛況のはずです。

  • 最寄り駅 東京メトロ「九段下」から徒歩5分

千代田区納涼の夕べ|東京都千代田区

開催日 8月初旬 ※日程は公式サイトでご確認ください

北の丸公園の西側にある千鳥ヶ淵(皇居の周辺にあるお濠の)で、ボートに乗りながら灯ろうを浮かべて英霊を慰めるというセレモニーです。ちなみに、ボートの参加者は抽選ですが誰でも参加できますので、詳細は千代田区観光協会の公式サイトで確認を。応募の締め切りは7月初旬ですので早めにチェックしておきましょう。

  • 最寄り駅 東京メトロ「九段下」から徒歩10分
  • 千代田区観光協会の公式サイト

毎年7月16日は各地の閻魔さまが御開帳

毎年1月と7月の16日は、「地獄の釜の蓋も開く」という閻魔さまの縁日。子どもの頃、一度は「閻魔さまに舌を抜かれるよ」と言われた人はいるでしょうが、お参りすれば「日頃の非を許してもらえる」と言われています。病気の回復を祈願する人の姿もたくさん見られます。下記は閻魔さまに関連のある4つの有名なお祭りです。

閻魔大王の縁日|勝専寺(東京都足立区)

開催日 7月16日

参道に軒を連ねる縁日が賑やか。お祭り好きにはおすすめ。

  • 最寄り駅 JR常磐線「北千住」から徒歩5分

こんにゃくえんま|源覚寺(東京都文京区)

開催日 7月16日

お供え用のこんにゃくが300枚ほど配布される。争奪戦が必至!?

  • 最寄り駅 東京メトロ「後楽園」から徒歩5分

閻魔大王ご開帳|太宗寺(東京都新宿区)

開催日 7月16日

「内藤新宿のお閻魔さん」で親しまれる高さ5メートルの巨像が圧巻。

  • 最寄り駅 東京メトロ「新宿御苑前」から徒歩3分

深川閻魔堂えんま祭|法乗院(東京都江東区)

開催日 7月16日

個性的な閻魔さまが特徴。閻魔さまの前に立つとしゃべりだす!?

  • 最寄り駅 東京メトロ「門前仲町」から徒歩5分


東京で有名な夏祭り(前編)まとめ

前編では毎年6月から7月中旬に開催される都内の夏祭りをご紹介しました。古来のお盆の行事は7月15日を中心に執り行われていたせいか、比較的に江戸時代から続いているような伝統のあるお祭りが多い傾向があります。

東京で有名な夏祭り2018(後編)|6月7月8月のおすすめは?

2017.04.06



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です